占い師になるための学習法

占い師になるには

占い師になるにはやはり占いの技術が欠かせません。占い師と名乗るのに資格などはなく、自分で占い師と名乗ってしまえば占い師になれる世界です。しかし、何の占いの技術もないのに占い師と名乗るのは憚られるものがあります。
占いの技術を学ぶにはどうしたらいいのでしょうか。占いの勉強の仕方をチェックしてみましょう。

占い師に師事する

やはり何と言っても確実な勉強法は「実際に占い師として活躍している方に師事する」ことでしょう。実際に活躍している以上、占いの知識も技術も確かなものがあるはずです。また、占いについてだけではなく、接客技術やその他占い師に必要なことも教えてもらえるかもしれません。
しかし昔では主流だったこの方法も、今では難しいものとなってしまいました。弟子を受け入れている占い師が少ないのです。弟子を取ったのはいいけど長続きしないですぐに辞めてしまう人が多かったり、真剣に取り組まない人が多いということから、弟子を取ろうとする占い師が減ってしまったのです。なので、もし弟子をを取ってくれる占い師を見つけたら、積極的に申し出てみるといいかもしれません。その際、ちゃんと熱意を伝えること、弟子になった以上最後まで投げださずに真剣に教わる、ということを忘れずに。

独学で学ぶ

占い師に師事するのが難しい、自分のペースで学びたいという人におすすめなのが「自分で学ぶ」というスタイルです。全国どこにいても好きな時に学べるので、師事できる占い師がいないような地方だったり、普段は別のことをしていて学ぶ時間が取りにくいという人にはおすすめのスタイルです。
独学では主に本を使った勉強法があります。占いについて書かれた本を読み、理解し、実践する、そうして身につけていくという方法です。このときに注意したいのが、一冊の本を鵜呑みにしないことです。中には「これ一冊でマスター!」みたいに書かれた本もありますが、きちんと占い師として活躍したいのなら、一冊ではなく数冊を読み比べ、自分なりに情報をまとめていく、という行為が必要になります。というのも、手相や占星術などは流派があり、流派によって異なる部分が出てくるので、その時々によってどれが正しいのか見極める力が必要になってきます。
独学は勉強にかかる費用が比較的安価で済むことや、自分の都合・ペースに合わせて勉強できるといったメリットがありますが、モチベーションが続かない、実践できる環境が少ないといったデメリットもあります。

学校で学ぶ

独学のデメリットをカバーできる勉強法が「占いを教えている学校に通う」方法です。専門学校や趣味の教室の中には、占いを教えているところもあります。そこに通って勉強するという方法もあります。占いの学校の多くは占い師や占い会社が設立しています。各学校によって学べる占術や、プログラム、受講回数、料金等が異なってくるので、自分に合った学校を見つける必要があります。
学校に通って学ぶ大きな利点としては、業界の情報を入手しやすい、同じ目標を持った仲間がいる、体系的に学べるという点があります。独学の時にはモチベーションが続かなかったり、実践する環境が少ないという点がありましたが、学校に通う以上、決まったプログラムで学べるのでモチベーションは保ちやすいですし、同じ仲間などを占うことで実戦経験も積めます。
学校に通う方法を選んだ際、大きな問題となるのが通学です。一般的な学校とは異なり、占いが学べる学校や教室のほとんどは都市部にしかないため、地方在住となると通うのが難しくなります。ただ、中には地方部でも開講している学校や、地方在住者向けに措置を取っている学校もあるので、探してみるといいかもしれません。